2006年02月22日

パクパクと「ねこねこソフトの在り方」

「サナララ」という癒し系のパソゲーをやって「ねこねこソフト」というメーカーさんが作っていることを知ってHPを覗いてみたら、このメーカーさん次の作品を最後に7年間のパソゲーメーカーとしての歴史に幕を降ろすそうです。
nekobaner.gif
公式ページ:
http://www.din.or.jp/~nekoneko/

パクパクはこのメーカーさんについて全然知らないので、その記事を見ても正直あまり感慨深さは感じなかったんですが、「サナララ」のような良作ソフトを作るメーカーが淘汰されていくのは寂しい感じがしました。

HPで「ねこねこソフト」の代表さんのコメントをみると
--------------------------------
現在制作中のスカーレットをもちまして、
ねこねこソフト最後の作品とさせて頂くこととなりました。
残念です。それと今まで応援して頂いた皆様には、
大変申し訳ないです。

今のねこの規模で、生き続けることは、
財政的にも、そのスタンス的にも、
色々と探ったんですが無理みたいでした。

幾つか生き残る為の手段もあったのですが、
仮にその案を採用した場合…
名前は「ねこ」を名乗っていても、
既にそれは「ねこ」ではないのでは?と考えました。

むしろ今まで、方向を違えることなく来れたなっとか、
よくここまで生き続けることが出来たなって思っています。
これは間違いなく、応援して下さった皆さまのおかげです。
どうもありがとうございます。
--------------------------------
とのこと。

まぁ、文章を見る限りでは内輪モメとかではなくて金銭的な問題みたいですが、気になったのでいろいろなサイトを調べてみると、このメーカーさんって売れる売れないを気にせずに自分達の作りたいモノを作って、薄利主義を徹底し、応援してくれるユーザーに利益そっちのけでかなり還元していたのだとか。ファンクラブとかもタダみたいですしねぇ。(普通ありえないけど・・・)

過去にも財政的にピンチなときがあっていつもギリギリで乗り切りつつ今まで7年間やってきたそうですけど、ファンからすると、多少金銭的負担が増えても好きなメーカーさんの作品はやり続けたいから、もうちょっと欲張っても良かったのでは?と思います。

そもそも、メーカーのファンにとって一番ツライのが今回のようにメーカーそのものが無くなってしまうことで、現状のスタッフがどこかのメーカーでゲーム製作作業を続けようとも、元いた会社で作業していた環境や雰囲気やチームそのものが変わってしまうことによって、同じ作風のモノは二度と生み出せない訳ですから。

なんで、ファンとしても多少は余計にお金を払ってでも維持するだけの金銭的な余裕を持って次の作品を作っていって欲しいと思うし、ゲーム作りと会社運営はまるっきり別モノだから割り切ってやっても良いと思うんですけどねぇ〜。

まぁ、パクパクはコンシューマ畑の人間なので、パソゲーの過酷な環境とか開発世界はほとんど知らないので勝手なことが言えてしまえる部分もあると思うんですが。

そもそも、会社を興して商業でやっていこうとするなら会社経営者はゲーム作りもさることながら、まず社員とその家族をきっちり養っていく責任がある訳で、それを充分に整備した上でゲーム作りをしていく必要があると思うんですよね。
その場合、お金を継続的に計画通り稼ぐ必要が出てくるから、やっぱり自分達が作りたいものを無制限に作る訳にもいかず、気が乗らない作品も手がけていかないといけなかったりもするし、1本のソフトにそんな時間もかけれないので、あまり拘りをもって作れない。 でもそれは会社を維持していく上では仕方がないことだと思うんだけどなぁ。

だからこそ、製作者と会社運営は別々の人を立てて、それぞれギリギリの線で対立を繰り返しながらやっていく必要があると思うんですよ。 製作者が運営をしてしまうと、どうしても作品を作ることをメインに据えてしまって会社を疎かにしてしまうから。

実際、ゲーム作りってのはハードとメディアが進化していくことで人件費がかさみ開発費はどんどん増えていくけど、その割には売れる規模と還元される利益が昔と変わらないので、年を負うごとに儲けというか旨みが少なくなっていると思います。 だからこそ、大手メーカーといえども合併や路線変更などが頻繁だし、小さいメーカーなどは毎年何十社と知れずに消えていってたりします。

だから、作品作りに頭を使うのもいいけど、「自分達の会社がどうやったらこの厳しい現状を上手く乗り切っていけるか」をまずどのメーカーも真剣に頭を使って考えるべきだと思うですよねぇ。 結局どんな形であれ、作品を作り続けていくことこそがファンにとっては一番嬉しいのだから。
neko_scarlett_img.jpg
とまぁ、偉そうに勝手にいろいろ書きましたが個人的なクリエイターとしての理想を語るなら「ねこねこソフト」さんの姿勢には共感できますし、そのスタンスで今まで続けてこれたのなら立派だなぁ〜と思います。 次が最後の作品ということなので良作ソフト「サナララ」を楽しませてもらったお礼と、「ねこねこソフト」さんの潔い姿勢に敬意を表して、「スカーレット」をしっかり予約注文しました!! よ。(ちなみにパソゲーソフトを予約注文するのはこれが最初で最後だろうなぁ。)


posted by pakupaku(パクパク) at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。