2006年03月23日

パクパクと映画「ユージュアル サスペクツ」

名作映画プレイバックということで今回は
傑作のサスペンス映画「ユージャルサスペクツ」を紹介します。
usual_saspects.jpg

今作品のパクパク的な評価は・・・・・
★★★★★(最高で★5個)
この作品も文句なしの満点評価。演技も脚本も全てが完璧。 そして断言しましょう。「この映画には誰もがきっと騙されます!」

内容は、「カイザーソゼ」と恐れられている伝説の大物ギャングが引き起こしたであろう大事件を捜査官がその事件で唯一無傷で生き残った「キント」と呼ばれる前科のある犯罪者を尋問して捜査をしていくという展開で進んでいきます。

とある事件の容疑者として集められた「キント」を含む5人の容疑者達、それぞれ5人ともその道のプロとして警察などから目をつけられていたのだが、その中には「キートン」と呼ばれる元警察官である天才的な犯罪者も含まれていた。「キント」の話では大事件で死んだとされているがその生死はまだ確認されていない。

その姿を見たものは次々に消されていく「カイザーソゼ」とは本当に実在する人物なのか?「キートン」との繋がりはあるのか? 「キント」の証言により次々と浮かびあがってくる事件の真相、そこに隠された秘密とは?

最初のシーンから秘密が隠されているカメラワークや台詞も最後まで見終えるとあぁ・・・なるほどあれはそういう意味だったのかと納得させられるはず、もう全編を通して「カイザーソゼ」という人物を中心として謎が広がっていき、最後に「うわっ・・・やられた!」と誰もが思うはず。

アカデミー賞で脚本賞とかも受賞しているのでその練られた展開はホントに秀逸。こういうサスペンス映画とかって真犯人は誰なのかって見ながら予想するのが楽しみだったりしますが、私には最後まで皆目見当つかず、エンディングでただただ驚愕してしまいました。 それほど展開の仕方が秀逸なんですよねぇ。

キャストは「ケヴィン・スペイシー」などが出ていますが、どちらかというと派手な宣伝はしていないので地味な印象はあります。(かなり古めの作品でもありますし。)ですが、中身の面白さと謎の深さは保証します。

一度見た人も再度見直すと一度目では気づかなかった張り巡らされた仕掛けや伏線に改めて気づくはず、この機会にもう一度どうですか?(ちなみにこのDVD版って既に廃盤になってるらしく、オークション等では定価の2倍近くで売られてたりしてます。こんな良い作品を廃盤で手に入りにくくなっているのも勿体ない気がしますねぇ。)


posted by pakupaku(パクパク) at 09:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画「これは、お勧め!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。