2006年05月15日

パクパクの「PS3」と「うぃ」に期待すること。

PS3の価格が発表されてから、あちこちのサイトでその値段が話題になっていて「思ったより安いor妥当」と「高すぎる!」という意見に真っ向分かれていますが、パクパクは前のコメントでも書いたように、妥当な値段だなーと思ってます。何でか?というのは、PS3ってもう単なるゲーム機ではなく、最先端の映像を見せてくれる高級家電製品だと思っているから。
hard_ps3_2.jpg
今パクパクが持っているHDD(80G)付きのDVDデッキって買った当時は10万ちょいしたんですが、しっかりしたメーカーでそれなりに良いAV機器って10万ぐらい普通なんですよね。最近買ったノーパソでも20万ぐらいしたし、最先端のBlue-Ray対応でグラフィックの性能が飛びぬけて処理能力も高いPS3なら6〜8万ぐらいの値段をして当然だし、むしろソニーは随分頑張った値段にしたなぁと思います。で、「うぃ」は恐らく3万以下に押さえた値段設定にしてきますが、これは任天堂が頑張っているんじゃなくて、その程度の性能(従来のゲーム機と同程度)でしか無いから。 現状のGC程度の性能のマシンを過大にアピールして「こんな操作が出来る斬新で新しいマシンなんです!!」っていうようにしか現状は見えてない。
hard_wii.jpg
んじゃ、そもそもゲーム本来の面白さを求めるのにこれ以上凄い性能が必要なのか?って聞かれると、完全にノー!です。パクパクはPS2程度で充分満足してるし、ゲーム本来の面白さってのはスーファミのドット全盛期時代から根本の面白さってのは変わっていません。なので、任天堂が性能よりも、新しい遊びを提案するハードにシフトしたのは理解できますし、任天堂らしい選択だなぁと。 だからTVゲームで遊びたいだけの人らは「PS3」じゃなくて「うぃ」で遊べばいいんじゃないかと。皆でワイワイ遊ぶ体感ゲームがわんさか出るでしょうし、過去のソフト群がダウンロードで遊べるってのもとても魅力的で面白い試みですし。

逆にソニーが目指すところの「PS3」ってのは家電製品寄りなので、今どの家庭にも普及しつつあるパソコンとかに近い、総合エイターテイメントを提供できるハードを目指しているんでしょうねぇ。なので、ただゲームだけを求めている人はそもそもターゲットにしてないし、そういう人にとってみれば高いと考えてしまって当然だろうなぁ・・・と。
だからパソコンなんかをただゲームするためだけに買うのは勿体ないし、やめた方がいいってのはPS3にも当てはまる考え方だと思います。 で、パクパクのようなタイプは昔からこういったモノにお金を出せる人種なので、当然の如く買います。最先端の映像を体験したいし、クリエイターらの表現したかった究極の芸術作品を間近で堪能したいから。(実際、開発側では「こんな凄いことを表現したい!」と思っていても、ハードの制約上、このぐらいでごまかしておくしかないか・・・と妥協することが多々あります。PS3はそこらへんの垣根を全部取っ払って本当に表現したかったクリエイターのこだわりの映像を見せてくれるでしょうから。 ※お金のあるメーカー限定で(笑))
hard_ff13-2_2.jpg
hard_ff13_2.jpg
hard_ff13_3.jpg
hard_genji2.jpg
hard_gran2.jpg
「グラフィックが良いだけのゲームだろ〜」とは言ってみても、ここまで凄いとやっぱり別次元に思えてしまう。

「うぃ」は工夫がいろいろあるけど、やっぱりおもちゃの枠を超えない従来通りのゲーム専用機。「PS3」は総合エンターテイメントを掲げる究極の映像美を見せてくれる嗜好品。2つは全く別モノなので、どっちが優れているとか、勝ち負けとか関係ないんじゃないかなぁ。 これは「DS」と「PSP」にも言えることで、2つを無理やり「ゲーム」という枠だけで比較することが既に間違ってる感じがします。
だから暇つぶしに何かゲームをやりたい人は「PS3」を無理して買う必要は全くないんじゃないかと。それこそ無駄遣いだもの。小中学生も迷わず「うぃ」を買うべきでしょうね。ぶっちゃけ「PS3」はゲーム好きな大人のハードで趣味や娯楽にお金を出せる、価値がわかる人だけが投資して楽しめばいいんじゃないの?と。7〜8万は一般家庭には厳しいよ、やっぱり。

今までは「PS」vs「サターン」だったり、「PS2」vs「XBOX」vs「GC」のときは、違うハードで発売されるゲームを見ても似たような感じのゲームに見えてしまっていて、何で似たようなハードが2つも3つもあるんだろ?? いっそのこと、1つにまとめれば作る側も買う側もラクなのに・・・と思っていたけど、これからは「任天うぃ」と「PS3」で出すタイトルは全く別系統に完全に住み分けされる気がするので、作る側も買う側もわかりやすくて良いと思います。

・子供や気軽にゲームをしたい一般人 →うぃ
・ゲーム大好きなコアユーザー    →PS3

あと、スマブラ大好きっ子も迷わず「うぃ」を選択ですねぇ。アレはいいものだ(笑)
hard_smabra.jpg
以前の記事で書いたようにパクパクは「PS3」は120%間違いなく買う。でも「うぃ」も恐らく買う、こちらは60%ぐらいかな。どちらも発売後すぐに買うかはちょっと疑問だけど。 これは初期不良がどうとかではなくて、タイトルが揃ってネットサポートが充実してからで充分だし、「うぃ」は新作ソフトよりもダウンロードサービスが正式稼動するタイミングで。(ちなみにパクパクの場合、PS2は発売から1年後に買いました。かなりのゲーム好きなパクパクですが、発売日と同時に予約して買ったハードって初代PSぐらいしかない。) まぁ、結論としてどっちか1つだけしか買ってはいけない!ってルールは無いので、懐具合と相談して両方買わずに携帯ハードで我慢するのもアリだし、両方買ってとことんゲーム三昧ってのもアリかなと。

ここで少し脱線しますが、ファミコン当時からゲームをしてきたパクパクにとっては、最近の任天堂の出す「お子様向け」や「ライト向け」のゲームには興味が沸かないし、プレイしても全然満足できません。マリオが暴れようが、リンクが剣振って冒険に出ようが、「へぇ〜。こんなソフト出るんだ。」で終わってしまう。 これはつまり完全にコアユーザーと化しているってことなんでしょうけど、ストーリーだったり、キャラクターなどがより深く描写されているようなどっぷりとその世界に浸れるゲームでないと充足感が得られないんですよねぇ。 グラフィックや処理能力の高さはそれらを表現するのに重要だと思うし。 だから気軽にゲームで遊ぶというスタンスの「うぃ」よりも、どっぷりとゲームの世界に浸れるタイトルが多い「PS3」にちょっと期待してしまうのです。

E3のニュースが発表されてから、いろんなサイトなどで必死になってメーカーの誹謗中傷や擁護しているのを見ると、ゲームの話題なんだからもっと気楽に見ればいいじゃん・・・とか思ってしまう。 どちらも最大級の娯楽と夢を与えてくれるハードなんで、自分が楽しめればそれでOKなんじゃないの? ソニー派だとか、任天堂派だとか、どっちか一方に偏らないとダメなものなの??

ま、何だかんだと意見を述べていますが、こうやって買う前にアレコレ考えるってのが一番楽しい時期ですよねぇ。どんなソフトが出るんだろ? あのクリエイターさんがこのハードで新作を? 予約しないと買えないぐらい売れるんだろうか? ソフト1本の値段ってどのぐらい? PS3って周辺機器合わせるといったいいくらなんだろ? ネットワーク機能ってどんなもんかなぁ? とか考えるだけでもワクワクしてきます。これが年末までずーっと続くと思うと楽しくて仕方ない! 大いに業界の活性化に向けて盛り上がっていける1人でありたいと思います。
hard_xbox2.jpg
hard_halo32.jpg
正直なところ、パクパク個人としてはXBOX360を含め、全体が盛り上がって売れて欲しい。どこか1社だけが独占するような暴利を貪っていたファミコン&スーファミのような暗黒時代は嫌ですねぇ。上記で住み分けが出来ると書きましたが、やはりソフトの価格などの面では競争してユーザーにやさしい値段でお願いしたい。 さぁ、年末に向けて3社とも全力で自社ハードを盛り上げてアピールして、大いに頑張ってください。期待しています。


posted by pakupaku(パクパク) at 09:48| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。