2006年05月27日

パクパクとゲーム「PRINCESS WALTZ プリンセスワルツ」(後編−ネタバレ満載)

プレイ感想 後編はゲームのネタバレが殆どになると思うので、未プレイの方はここから先は読まないでください。


プレイ感想の最後となる今回は、各姫様達含め新を取り巻く女性キャラ(ヒロイン達)の印象をランキング形式で書いていきます。

1位:リリアーナ
2位:式神楽 清白
3位:深森 静
4位:アンジェラ
5位:野々宮 のどか
6位:リーゼル&理子
7位:クリス

princess3_0.jpg
やっぱり、ダントツ1位は誰がなんと言おうと「リリアーナ」様でしょうねぇ。一見すると目立ちたがりでよく喋るウザキャラに思われてしまいそうなポジションなんだけど、健気に新に想いを寄せるシーンや、ワルツを戦いながらもクリスではなく新のことを考えて戸惑うシーン、アンジェラに追い込まれながらも意地とプライドをかけて全力で戦うシーン、キャピキャピしていても時折見せる年上らしい大人な発言など、彼女を好意的に捉えたシーンが多くてかなり惚れこみました。 一度はアンジェラに敗れて強制退去させられた彼女ですが、再び新の前へ元気に顔を出したときはゲームとは言えホントに喜んでしまったパクパクなのでした。 だからこそ、新がエッチシーン前に吐いた暴言には納得がいかない(笑) 1番はクリスじゃなくて「リリアーナ」だろ〜。 あんな酷いことを言われても新の言葉に納得しちゃえる彼女はやっぱり年上だなぁ〜と思う。 またシャチ吉との掛け合いも面白く描けていて良かった感じ。

princess3_1.jpg
2位は眉毛姫こと「清白」ですが、クリスにゾッコンLOVEな彼女を新が寝取るみたいな展開にちょっとドキドキ。(とはいってもそういうゲームじゃないから全然エロくはないけど(笑))彼女の場合、想いを寄せるクリスの前ではすこぶる良い子を演じているけど、それ以外のキャラに対しては別人のような「冷めた態度」「キツイ表情」「挑発する台詞」のギャップがとても面白い。ここまで裏表がハッキリしていると嫌われそうなもんだけど、途中フォローするようなシーンもあったのでトータル的には良い印象で終わった感じ。ちなみにクリスが女だと分かったら彼女はエルディラントに戻って今後どーするんだろ?

princess3_2.jpg
3位は獣姫こと新の姉ちゃんの静さん。終盤での唯一の選択肢で分岐するけど、他の姫を選択してしまうルートだと獣姫の正体がうやむやで終わるし、エルディラントには静さんと七重さんが戻らないことになるので、一番のメインルートは静ルートなんだろうなぁ・・・と思う。 最後に全ての姫が一同に介するCGもこのルートでなければ埋まらないし。
静さんは良き姉として新を影で支える役目だと思っていたら、終盤で姫様だったと発覚したのにはさすがに驚いた。なるほどねぇ。そもそも王子である新が深森家にどーしているのかが不思議だったし、プリンセスワルツがエルディラントではなくこっちの世界で引き起こされているかが謎だったんだけど、七重さんがエルディラントの出身で本当の王子である新を連れて逃げてきたとなれば全ての筋が通る。 融合前のエッチシーンでは、それまでやさしい姉として見ていた静さんと抱き合う描写にちょっとコーフンした。

princess3_3.jpg
4位は龍族の姫こと「アンジェラ」様。6姫の中ではぶっちぎり強く描かれている彼女ですが、気高く美しくプライドが高いまさにキングオブ姫様として振舞う彼女は、なかなかに魅力的。一番年齢も高いということで全てにおいて余裕のある発言と、実力に裏付けされた高飛車な台詞は彼女のカッコよさを更に際立たせていて良かったなぁ。またお付のグレンもいいキャラで、2人はかなりお似合いなコンビだと思う。

princess3_4.jpg
5位は新の幼なじみの「野々宮のどか」。彼女はこういうゲームでは欠かせない幼なじみという安定したポジションにも関わらず、姫ではないので終始蚊帳の外扱いだったのがカワイソ。唯一の見せ場は着替えのシーンだけか・・・(笑) そんな彼女も、最終エンドで新が忘れ物を取りにエルディラントから現実世界に戻ってきて再びのどかに会い、彼女が新に対する想いを再認識し、「好き」ということを伝えるために「エルディラント」への扉を開ける意味深な描写は、続編とかファンディスクが確実に出るってことを意味しているんだろうか? パクパクはこの作品がとても好きなので実現してくれたらすっごい嬉しいんだけど。

princess3_5.jpg
6位は、クラスメイトの理子こと「リーゼル」姫。彼女の設定に関してはバラされるまで全く気付かず「うわっ、ヤラレた〜」という印象がとても強い。1部と2部では完全に別人の姫様でその性格のギャップという意味ではインパクトがあるんだけど、どうにもこういう控えめすぎるキャラは好きになれないのでこんな位置に。月をバックに飛び立つ姿や、新の前で初めて眼鏡を外して理子からリーゼルになった時のホンキモード全開な彼女はカッコ良いんですけどねぇ。

7位は、メインヒロインなんだけど他の姫達に完全に喰われたカタチのクリス姫。最下位とはいえそんなに悪い点も無いキャラ設定なんだけど、新が思いを寄せれば寄せるほど、プレイヤーとしてのパクパクは逆に冷めていったというか、淡々とボタンをクリックするだけのシーンが多くなってしまった感じ。
特に、どの姫様を選んでも、クリスがメインヒロインのままなので他の姫達があまりにも報われなさすぎるんだよねぇ。


総合的に見ると、どの姫様も押さえるべきポイントはしっかり押さえつつかわいく描かれていて、美麗なCGを含めとても大満足な作品でした。せっかくこんなにも魅力的なキャラを揃えたんだから、新作よりも続編に期待してますので、どのようなカタチでもいいからエルディラントに戻ってからのその後を見せて欲しいですねぇ。


posted by pakupaku(パクパク) at 08:27| Comment(1) | ゲーム「詳細レビュー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。