2006年06月07日

パクパクと「ゲームニュースをチェック」

2週間ぶりの「ゲームニュース」の記事。 気になるニュースはその日のうちにチェックしてコメントしてあるんですがアップする機会がなくて放置してありました。そういう訳で紹介するニュースがちょっと古臭いというか、賞味期限切れで少々カビが生えてるかもしれないのでご注意ください(笑)


■中国でDisneyのオンラインゲーム提供へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/25/news022.html
中国での話ですが、ディズニーのキャラクターを使ったカジュアルなオンラインゲームっていうのがなかなか面白い試みだと思う。 キャラクターやコンテンツは豊富だし、小中学生や女性といった普段オンラインゲームをやらないライト層が興味を示すジャンルで勝負すれば、日本でも大ヒットしてもおかしくない気がする。 特にディズニーランドとかと関わるような仕掛けなんかを盛り込めばTVでも取り上げられて普及は早いと思うし。


■ゲームは遊んでから買う時代へ…ゲームレンタル開始
http://www.gpara.com/special/event/rental/index.htm
2週間程前の記事ですが、5月25日にいよいよ第1号店がオープンした模様。価格とタイトルが正式に発表されましたが、どちらも驚くばかりの内容。
まず、基本的にレンタルって1週間が相場だと思うんですよ、借りてから2日〜3日で返すってのは家の隣にでもレンタル屋がない限り正直面倒くさいし、ゲームなのでビデオやCDと違って2時間程度では絶対にどんなジャンルでも終わらない。そうなると最低でも1週間が基本となるハズ。

だけどこの記事を見ると、新作が9泊10日で3800円って・・・アホか・・・何この値段?? 3ヶ月〜半年のタイトルが1780円ってのも高すぎて話にならない。 
はっきり言って半額でもまだ高い。新作が1週間で1500〜1000円程度。3ヶ月〜旧作が500円の1コイン程度にしないと誰も借りたいと思わないって。
しかもラインナップが圧倒的に少ないし、コーエー以外のメーカーのタイトルがクソゲーばかりってのもわざとなんだろうか? ありえないことだらけのスタートですが、これについて最大の疑問は、コーエーって700人ぐらい社員がいるメーカーなんだから、事業をスタートさせる前に社内でアンケート等を取らなかったの? そうすれば、この値段設定で運営していこうなんて誰も思わないハズなのに。

パクパク個人の考えとしては、ゲームのレンタル事業ってのはやり方によっては面白い試みだと思ってます。自分なら旧ハードのゲームで遊びたいと思う時が多々あるので、ハードごとセットで1週間500円程度でレンタルできればかなり利用すると思うんですよ。
例えば、ファミコン、スーファミ、サターン、メガドラ、プレステ、PCエンジン・・etcと過去のハードと共に多くの名作ゲームが誕生しましたが、ゲームをやり込んでるパクパクでさえ遊んでない名作ソフトは山程ある。
かといって、昔のゲームは中古屋ではほとんど取り扱ってないし、ヤフオクなどで見つけてもレアなソフトほど恐ろしく高い価格になってるし、「やりたいけど、やれない」という状況が多い。 そういうソフトこそ、本当のレンタルの価値ってのがあると思うんですよねぇ。
少なくとも、制作スタッフは過去のソフトを参考にしてアイデア出しとかをすることが多いので、業界の貢献度としてもかなり利用価値が高いと思うんですが、どうでしょうか?(ちなみに旧ハードとソフトがセットの1週間レンタルで980円ぐらいなら頻繁に借りると思います、パクパクの場合。)


■7月のPlaystation2 the Bestは『グランツーリスモ4』など7タイトル
http://www.famitsu.com/game/news/2006/06/01/103,1149145547,54180,0,0.html
発表された7タイトルについて発売時期を調べて新しい順に並べてみました。
05/11/24 「戦神-いくさがみ-」
05/07/28 「零〜刺青の聲〜」
05/06/30 「ガンダム トゥルーオデッセイ 〜失われしGの伝説〜」
04/12/28 「グランツーリスモ4」
04/12/09 「太鼓の達人 ゴー!ゴー!五代目」
04/11/18 「桃太郎電鉄 USA 」
03/07/17 「R-TYPE FINAL 」

うわぁ「戦神」なんて半年程度でベスト化されちゃうんだ、早すぎませんかコレ?
7タイトルのうち3タイトルが約1年。残りが約1年半程度と、かなり早い廉価ペース。まぁ、半年ぐらい経ってしまうと中古相場も3000円程度になってしまうので、少しでもメーカーへの利益を出すという意味では1年〜1年半ぐらいの期間が妥当なタイミングなのかもしれませんが・・・・。 ただ新品で購入してるユーザーからすると半年〜1年程度で廉価版が出されると少々複雑な気持ちですよねぇ。


■ゲームとフィギュアの融合
http://www.kogado.com/html/kuroneko/diapia/index2.htm
フィギュアにUSBを内臓してゲームを立ち上げるらしいですが、結局それだけのゲームだったらイマイチかなぁ。接続したフィギュアが喋ったり、アクションしたりするなら面白いけど、繋いだところからデータを取り出すだけでは何の面白味もないような気が・・・。
例えば、初代「どこでもいっしょ」のようにポケステのような持ち運びのできる形態にして、繋いでない時はミニゲームなどでゲーム内のキャラと親交を深めて、モニターの前でゲームするときには繋げてデータを取り出しその親交状況によって何かしらの変化が起きるぐらいはしてもらわないと。


■ダンジョン&ドラゴンズ オンライン 日本語版クローズドβ募集
http://www.ddo-japan.com/
6月1日〜14日までの間3000名のクローズドβテスターを募集しているとのこと。
画面を見るとすっごい面白そうなんでちょっとやってみたい気もするけど、そのうちシステムやサバが安定したオープンβもすぐに募集するだろうから焦らなくてもいいんじゃない?・・と自分に言い聞かせて我慢してみる。


■任天堂、シンプルなゲーム性の「bit Generations」を展開! 発売日と価格が発表
http://www.dengekionline.com/
data/news/2006/05/31/5f8ff004f2a675f3dca99466cd56886c.html
(※電撃オンラインからの引用なのでアドレス表示を2段に分けてます。アクセスする際は、後半をコピペして辿ってください。)
いやぁ、こういうゲームが発売されるのを見ると改めて任天堂って凄い会社だなぁと感心してしまう。
こういったマンネリ化しつつあるゲーム業界に「新しい風」を送り込んでくれる作品ってのは大いに歓迎したいと思うし、それを出す任天堂には心から拍手を贈りたい。 GBAだし、画面も地味だし、さほど売れないと思うけど、出すことに意味のある作品なので1人でも多くの人にやってもらえるといいですねぇ。


posted by pakupaku(パクパク) at 07:22| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。