2006年01月04日

パクパクと映画「ヴィレッジ」

映画「ヴィレッジ」を観ました。
eiga001.jpg 

今作品のパクパク的な評価は・・・・・
★★★★☆(最高で★5つ)
星4つです。サスペンスホラーが好きな方なら、まず観て損は無いと思います。

TVCMでの意味深な予告が気になってチェックしていたんですが、確かこの監督は「シックスセンス」や「サイン」も手掛けているようで「サイン」にはズッコケるほど期待を裏切られた苦い経験が頭を過ぎってかなり期待薄で見始めました。

・・・・あれ? 意外に面白い。(笑)

ストーリー的には
寂れた村が舞台でその村には数人の村民がひっそりと暮らしており、村のすぐ隣には深い森があってそこには「語ってはならぬモノ」と呼ばれるグロテスクな怖い魔物が棲んでいる。
ただ、村と森とを隔てる境界線からは村人は森には入らない。そうすれば、魔物も村を襲ったりはしない。という昔からの教えがあり、現在までは村は魔物に襲われることなく皆平和に暮らしている。

ところが、夜な夜な森の方から聞こえてくる不気味な遠吠えと、村に皮を剥ぎ取られた無残な動物の死骸が捨てられる出来事が頻繁に起こるようになる。 そして、村の家々のドアには魔物が残したと思われる赤い印がべっとりと残されていた。 これらはいったい何を意味するのか・・・
ってな感じで目に見えぬ森に棲む魔物の存在と村との不思議な関係が謎を深めたままストーリーは進んでいきます。

ここでは、あまりネタバレ的なことは書きませんが、自分が気に入ったのは、この手のサスペンスホラー話を謎を残さないまま、きっちりと消化したストーリー展開の無駄の無さと、最後にどんでん返しがあると思いきや全くなくひっそりとしたエンディング。

あとこの村には悪人が1人もいなく、実際こんな秩序が守られた平和で理想的な村があったらちょっと住んでみたいなぁ〜という願望もチラホラ。(何かのきっかけでこういった平和はすぐ崩れる気もするけれど。)

あ、そうそう本編とあまり関係ないけど昔NHKでやっていた大西部の女医物語「ドクタークイン」でホレス役やっていたフランク・コリソンさんが村人役で出演していて思わず( ̄ー ̄)ニヤリ


posted by pakupaku(パクパク) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「これは、お勧め!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。