2006年01月14日

パクパクと映画「ファンタスティポ」

映画「ファンタスティポ」を観ました。
fantastipo.jpg 
今作品のパクパク的な評価は・・・・・
★☆☆☆☆(最高で★5個)
星1つです。映画の内容は0ですが、主題歌だけで1つ星を。

これ以上被害者を増やさないためにも冒頭で言っておきますが・・・・
この映画はっきり言ってダメダメです(笑)
パクパクが今まで観た何百作品という映画の中でもベスト10に入ってしまうぐらいのヒドイ出来。ダメランキングでトロフィーを貰ってもおかしくないぐらいダメすぎ。

「Kinkiの堂本剛」と「TOKIOの国分太一」っていう2人の豪華な俳優(というかアイドル)を使って、出来上がったのがこんな作品とは・・・(2人とも個性的で歌もウマいし、かなり好きな芸能人なんですけどねぇ。)

例えていうなら、フォアグラやトリュフなどの高級食材を使って今までに無い凝った料理を作ろうと思った駆け出しの素人シェフが、素材の良さを考えずにこねくり回したり、煮たり焼いたりして作ってはみたものの、犬も食わないような激マズの料理が出来上がってしまった・・・・とそんな感じです。(2人がカワイそ・・・)

正直、90分を最初から最後までじっくり観られた人っているんでしょうか? 自分はかなり我慢強い方なのですが、あまりの面白くなさというか、内容のヒドさにところどころ早送りしないと最後まで観られませんでした。(早送りとかできない映画館とかなら、きっと途中で寝たと思う。)

90分中、唯一良いところはラストの主題歌を歌うところだけです。 これ、脚本と監督をした人ってあまりにも才能無さすぎるというか、映画作りに向いていないと思います。


posted by pakupaku(パクパク) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「う〜ん、普通かな」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。