2006年03月03日

パクパクとゲーム「FF11を振り返る その4」

PC版FF11が本格的にサービスが開始され、β版のとき以上に新しい世界を見て、新しい仲間を得て、新しい知識を得てそして様々な体験をし、パクパクの冒険は更に広がっていきました。 そしてそれに呼応するかのようにFF11もバージョンアップを重ね、日々進化していき、更に面白さに磨きがかかっていきました。
blog10.jpg
PC版のサービスが始まり、半年が経過する頃には待望の追加ディスク「ジラートの幻影」がついに発売!
今までの基本11ジョブに加えFFシリーズならではの「侍」「忍者」「竜騎士」「召喚士」の4ジョブが新たに追加。 現在までのラスボス的存在だった「闇の王」をも遥かに凌ぐ強さを誇るクリスタルの5戦士と古代種ジラート人の生き残りが登場。ストーリーもゲームシステムも更に奥深く面白くなっていきました。

そんな面白さが加速していったFF11でしたが、パクパクはこの頃リアルで仕事の方が佳境を迎えていて、忙しさがヒートアップ! 家に帰るのは毎日深夜近く、休日も返上で働き詰め。 一応、ログインをしてLSメンバーに挨拶はするものの、ぐったり疲れてゲームどころではありませんでした。
それでもわずかな時間を見つけてはコツコツとLVを上げて、いよいよジラート以前のラスボス「闇の王」を倒せる力をつけていざ、闇王の待つ城へ仲間と共に突撃!

そして死闘の末・・・・・見事撃破! うぅ・・・長かった・・・。
blog12.jpg
blog13.jpg
これまで圧倒的な存在だったこのメインストーリー上の大ボス「闇の王」を倒したことでパクパクとしてようやくFF11に区切りをつけることができ、β版に参加して冒険をスタートした去年の6月から丁度1年目となる2003年6月にLSメンバーにお礼を言って引退を決意。 楽しかった冒険にもひとまず終止符を打つことにしました。 さぁ、ゲームばかりやってないで仕事、仕事っと。

FF11は解約してから3ヶ月でキャラが消えてしまうということだったので、その後、パクパクは復活することなく永い眠りにつきました。
そして去年2005年の春に「冒険者復活キャンペーン」なる過去に消えたキャラデータの復活が出来るサービスを期間限定で開始、その頃はまた仕事に余裕が出来ていたので試しに復活してみようとキャラクター一覧を見てみると、 β時代の「Marum」と2年前に冒険に明け暮れた「Pakupaku」がそこには居ました。

そして2年ぶりに「ヴァナディール」の地に再び足をつけたパクパク。
「サンドリア」と呼ばれる最初の街をただ歩いているだけで、いろんな思い出が溢れてきました。 この頃には追加ディスク第2弾「プロマシアの呪縛」が発売されており、2年ぶりに冒険を本格的に再開。
2年の間にガラっと変わってしまった世界と雰囲気でしたが、それでも楽しさと面白さは相変わらずで、改めてFF11の洗練された奥深いゲームシステムを認識させられました。 こりゃ、良くできてるわ。
blog14.jpg
引退前に闇王を倒していたパクパクは、追加ディスク第1弾の「ジラートの幻影」のボス「クリスタルの5戦士」と古代人カムラナートを撃破。(エルドは倒せてない(笑)) 続いて第2弾の「プロマシアの呪縛」もオメガ&アルテマの最強メカコンビをぶち壊して、元気娘のプリッシュと共に男神プロマシアまでの長く険しいクエストをこなしてなんとかこれも撃破し、現状でのメインストーリーをほぼ網羅できたところで、去年の11月にまた封印しました。
いやぁ〜、ホント何百時間やってもFFって飽きることがない! 最高!

今はどうやら以前のように3ヶ月でキャラデータが消えるということはなく、いつでも過去のデータが復活できるようになっているみたいです。
(正式なアナウンスはないけど、こうなってるみたい。) なんで気軽にやりたいときに復帰し、忙しくなったらしばらく封印という感じが出来るのでユーザーにとってはありがたい状況かも。

今年の4月20日には追加ディスク第3弾「アトルガンの秘宝」が発売を予定しており、「青魔道士」「コルセア(海賊)」といった新ジョブが既に公開され、ますます面白く広がっていきそうなヴァナディールの世界。

パクパクは今のところすぐに復帰する予定はありませんけど、年末ぐらいには「アトルガンの秘宝」で追加された新しい世界を体験して、またFF11の良さを実感したいものです。 次のストーリーとボスの存在も気になるしねぇ〜。
blog15.jpg
一応パクパクは、FF11を休んでいる間に「信長の野望」「ラグナロク」「リネージュ2」「エバークエスト2」などの他の代表的なネトゲーも触ってはみましたが、「FF11」ほど純粋に面白くハマれるネトゲーって正直無かったです。

いろんな掲示板で、酷評されているFF11ですが今までネトゲーというものをやったことが無い人は一度やってみることをパクパクは強くお勧めします。 これほど純粋に面白く、長く遊べるネトゲーって他にはあまり無いのではないかなぁ・・・と。
外人さんと共通サーバーだとか、物価が高騰しすぎてるとか、そんなものはとても些細なコトなので、そんな小さな愚痴に惑わされずに純粋にFF11の世界をゆったり満喫して楽しんでもらいたい。そして一緒に楽しく冒険できる仲間と出会って、「ゲームの可能性」というものを1人でも多くの人に体験して欲しいと思います。


posted by pakupaku(パクパク) at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム「詳細レビュー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。