2006年04月27日

パクパクとゲーム「LOST CHILD (ロスト チャイルド)」(後編-ネタバレ満載)

プレイ感想 後編はゲームのネタバレが殆どになると思うので、未プレイの方はここから先は読まないでください。

次にキャラについて。
ストーリーを無視するとキャラクターの描き方は原画や演じる声優さんを含めて、結構気に入ったキャラが多かった。
好きなキャラ順を上げると

(1)「真島颱斗」と「聖」のスレッジハマーコンビ
(2)「安藤文弥」と「霧子」のランブリングフェザーコンビ
(3)桃子さん
(4)「小崎秀克」と「恠」のフェンサーコンビ
(5)「嵩」と「恵」のネメシスコンビ
(6)瀧村忍

かなぁ。将路と藍はさほど好きな展開が無かったので感情移入できず、また学校に出てくる連中はどーでも良いし(ちなみに坂本が暁美を捨てて逃げようとした後、再び暁美にピンチが訪れて、坂本が身を挺して助ける場面があって名誉挽回するシーンを期待していたんだけど、ダメキャラのまま終わってたなぁ・・・かわいそう(笑))
由良も中途半端なキャラで、それまで全く放って置かれていたのに、最後の章になると草薙から「あの子はいい素材だ!」みたいなことで無理やりすごい役やらされていて(えっ、そんな潜在能力の前フリ無かったじゃん!みたいな)笑えるし、詠美なんてせっかく生まれ変わったのにストーリー的にはほとんど無視されてるし、刑事の柘さんも政府とか国家の・・・とか言ってるだけで結局何にも役に立ってないし(※つまり必要ない人)清はあっさり死んじゃったのであまり印象に残らず。
pc_lost_3_3.jpg
一番好きなキャラは誰が見てもスレッジハマーコンビでしょう。描き方も万人ウケする表裏ののないストレートな性格の2人だし。ただ最終章まで登場していた割には活躍の場がなく、ほとんどのアーミットとの対決に負けっぱなしのタダの当て馬キャラてのが不遇すぎてカワイソ。最期も雑魚キャラにやられて死ぬってのは惨めすぎるよ・・・だいたい颱斗を置いて聖だけが屋上に来たのはウテルスジェムを藍に還元させるためのシナリオ的な都合にしか見えなかったので、それなら皆で屋上に上がって、変身した巨大草薙に無謀に突っ込んでいって派手に玉砕するとかで散った方がこのコンビらしくていいよ。 (一応、この時にスレッジハマーの死と引き換えに与えたキズが元で巨大草薙の調子が狂って、主人公達に勝機が見えるようになるとか、そういうので。) んで、やっぱり聖の胸元で抱かれながら颱斗は死んで欲しかったなぁ。

上の順位付けしたキャラはほとんどがアーミット関連のペアですが、どのキャラもなかなかカッコ良かった。レイリアである女性キャラと、契約者である男性キャラとの2人だけが知る互いを想い合う関係というか、絆みたいなのが感じられて良かった。
でもどのペアも死ぬ前にエッチするもんだから、後半になるとエッチするまでは絶対死なないし、エッチした後「あぁ、このキャラはそろそろ死ぬのか・・・」とエロゲーならではの浅はかな展開が見えてしまってました(笑)
pc_lost_3_1.jpg
ネメシスコンビは「恵」役に「こおろぎさとみ」さんが声を充てていて、それだけでもちょっとクラっときた。 もう「ころろぎ」さんの声でエッチシーンのときにアンアン言われると、なんか罪悪感があるなぁ(笑) だいたい、恵が嵩を助けて身体が大きくなる意味がエッチするためだけに大きくしたんだろうか?? ってぐらい意味不明。
それに、2人が草薙の元に行く理由も薄い。 元気な状態で、身体で愛し合うことを知った2人ならフツーこのまま誰にも邪魔されずに静かに暮らしたいってのならわかるけど、草薙の元でアーミットのような変な生物になって1つになりたいなんて思う訳がない。

ランブリングフェザーコンビは、文弥が特徴あるキャラだったのにあっさり死んじゃって勿体ない。でも霧子と文弥の2人の関係は好きだなぁ。 欲を言えばもうちょっと霧子は文弥に対して前半から大好きな文弥を影で暖かく見守っている・・・っぽい表現が欲しかった。

桃子さんは、誰が見てもいいよねぇ〜。こういう年齢を感じさせない元気に振舞う女性はイイ! 藍が唯一かわいく見えたのが桃子さんと絡む時だけど、そんな場面でも藍よりも桃子さんがかわいく見えたし(笑) 桃子さんも6章で結局草薙に殺された訳だけど、この人も意味ありげに殺された割には、そのことに深い意味が無かったような・・・。
pc_lost_3_2.jpg
フェンサーコンビは「恠」が健気でかわいいよねぇ。お姉さんっぽいんだけど小崎の言葉には絶対服従で、愛されたいためにとことん尽くしている姿がいじらしい。戦闘シーンでも「恠」のナレーションの台詞が一番カッコよくて好き。「細かい制御はこちらでやります。 ・・・・どうか全力で。」 う〜ん、パクパクも契約するなら「恠」でどうか1つお願いします(笑)

滝村忍はちょっとしか出てないんだけど、結構好きなキャラと性格だなぁ。あれだけの短い間しか登場してないし、台詞もあんまりなかったけど主人公(滝村)が好きになるのもわかる。

まぁ、このゲームツッコミどころは満載なんだけど、かなり豪華に作られているのでこのままパソゲーだけで終わらずに、アニメとかコンシューマ版移植とか、何かしらの動きが今後あるんじゃないかなぁ・・・と予想。(戦闘システムを入れる必要がないアニメ化が一番理想)
その時にシナリオ等の悪い部分も改善される可能性もあるので、未完の大作が完全版となって蘇る日もくるかもしれません。そうなったら、もう1度やってみる価値のある作品だと思います。


posted by pakupaku(パクパク) at 08:43| Comment(0) | ゲーム「詳細レビュー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。