2006年05月07日

パクパクと「アニメをチェック!」

■ うたわれるもの 第4話「戻れぬ道」
今回の展開だと、ハクオロの判断は長としてどうなんだろ? オボロを助けに少人数で乗り込んで責任を全て自分が負うならわかるが、村を巻き込んで戦を仕掛け統治している領主を殺し、村人全員を逆賊にしてしまったら確かに戻れなくなってしまうのは誰の目から見ても明らか。 最も犠牲が出てしまう最悪な選択をしてしまったんじゃないだろうか。
あと、時折回想される怪物のようなモノが描かれるシーンは、過去に戦った相手なんだろうか? それともハクオロの中に封じられている怪物とかそういう設定なんだろうか?

■ BLACK LAGOON 第4話「Die Ruckkehr des Adlers」
こういうドンパチものの作品だと、かなりの頻度でナチスの敗残兵が出てきて悪さしますなぁ(笑) 

■ 涼宮ハルヒの憂鬱 第5話「涼宮ハルヒの憂鬱3」
京アニの作画っぷりに今回も感服。パクパクはさほどアニメには詳しくないんですが、面白いアングルからの構図や遠景視点でも崩れない作画など妥協のない作りこみにプロ集団としての気概を感じます。いやぁ、ホントに毎回このクオリティはすごい。 これだけでも見る価値のあるアニメです。
さて、今回の5話は3話からの続きなんで、ようやくすっきりとこの作品の内容と現在の状況が理解できました(笑)このとんでもSF展開は確かにライトノベルっぽいなぁ〜という感じ。ハルヒを取り巻くキャラクターは全員何かしらの特殊な秘密を持った人間で、唯一キョンだけがフツーの人。ハルヒは自分の凄さと周りを取り巻く状況に気付かないまま、彼女の周辺でいろんなことが起こっていくって内容。 みくるさんのかわいさがてんこ盛りな第5話でした。

■ 吉永さん家のガーゴイル 第5話「山の歌声」
■ 獣王星 第4話「挑戦」

■ 西の善き魔女 第3話「秘密の花園」
華やかな雰囲気とは裏腹に殺人事件が起こったりする展開にはちょっとビックリ・・・。 ただ来週の4話ぐらいでそろそろ面白くなってくれないとチェックを打ち切りそうなヨカンがするなぁ・・・。

■ ひぐらしのなく頃に 第5話「綿流し編 其ノ一 嫉妬」
前回の狂気と殺戮満載なシーンより遡ってずいぶんと和やかな感じの日常に戻ってましたが、魅音に双子の「詩音」がいたという設定はどーなんだろ・・。個人的には双子ネタってトリックが絡む話で安易に使われすぎて飽き飽きしているので、今後そーいった事件が絡むような流れにならなければいいけど。あと、この作品って話は面白いけど、作画が適当というか雑になってる気がするのがチト心配。


posted by pakupaku(パクパク) at 10:42| Comment(0) | アニメ「こんなの見てます」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。