2006年05月24日

パクパクと「ゲームニュースをチェック!」

久々にパクパクが気になるゲームニュースをいくつかチェックしていきます。E3でビッグニュースが続々と発表されたので最近は小粒なニュースばかりですが。


■"シンプル"と"奥深さ"を追求した原点回帰作『ウィザードリィ・外伝 〜戦闘の監獄〜』
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/05/20/104,1148059133,53547,0,0.html
既にPCで発売されてこのブログでも簡易レビューしたことのある「ウィズ〜戦闘の監獄〜」がPS2に移植されるようです。PC版ではウィズユーザーとして充分に満足する程、完成度が高い作品だったので移植してもさほどアレンジはしないだろうなぁ〜と予想されますが、するとしたらめっさ難易度の高いリドル攻略のヒントや、アイテムorモンスを増やすぐらいですかねぇ。ただ個人的には移植してもあんまり売れない気がするんですよねぇ、コレ。 ファンは既にPC版をやってるだろうし、ファンじゃないRPG好きがやってもシステムが古臭くてあまり面白味を感じないと思うし。ちなみに8月発売予定。


■大人気のコミック3作品が夢の共演! 『バトルスタジアムD.O.N』
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/05/18/104,1147948109,53480,0,0.html
まぁ、人気作品を一同に集めてバトルをするっていう、まさにスマブラの少年ジャンプ版みたいなノリのゲームなので、誰が考えてもヒットは間違いないと思うんですが、まさに版権を握っているバンダイだからこそ作れる贅沢な作品です。 と、まぁ、ゲーム内容に関しては特に気になるようなことはないんですが、パクパクが気になったのはこの作品に「Q-Entertainment」が関わっているということ。
Qエンタといえば元セガの水口さんが代表を務めている会社ですが、ここっていろいろな作品に関わっている割には実績が見えてこないというか、何のために存在しているのかが見えてこない会社だなぁ〜と。メテオスは外部から桜井さんを呼んで企画制作、進行、監修と全てやってもらい、ナインティナインナイツでは、韓国のゲーム会社ファンタグラムが制作全てを行ってるし(このゲームは前作のキングダムアンダーファイアーそのままだし。)今回のも実質「NARUTOーナルトー激闘忍者大戦」を作った8ing(エイティング)のものをそのまま利用してゲームを作っている訳だから、Qエンタ&水口さんは何のために参加しているのかがパクパクにはイマイチよくわからない。プロデュースということで資金関係の調達とか折衝の担当ってこと??



■X-BOX360用ソフト”フレームシティ”発売中止
http://framecity.namco-ch.net/
ナムコといえば、前にもX-BOXかDCで予定していた作品を急遽取りやめにしたりしてましたよねぇ。試作品を製作中に開発が頓挫することはよくあるけど、発売を発表してから急遽発売中止にするのは、いちユーザーとしてはやめてもらいたいところ。X-BOX360だし、この作品に期待していた人はあまりいないと思うけど、この頃のナムコってガッカリさせることが多いなぁ。ゲーム内容にしても、ニュースにしても。


■ゲームソフトレンタル第1号店が5月25日にオープン!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/05/19/103,1148026254,53520,0,0.html
以前ブログでも取り上げたコーエーのレンタルサービスの第1号店がいよいよ今週オープンするようです。様々な議論を醸し出した値段設定は最終的にどうなったのかは知りませんが、1号店ということで通常よりもかなり安くして普及の様子を検証してくるでしょうねぇ。まずは値段を格安にして、どういった層が借りに来るのか、どういうジャンルのソフトが多く借りられる傾向にあるのか、どのぐらいの期間で返しにくるのか、満足度はどのぐらいかとか、いろいろと検証すべき項目は多そう。パクパクの予想では、これを夏ぐらいまで検証重ねて、秋ぐらいには「検証の結果、やっぱり採算が取れなさそうなのでこの事業はやめます!」っていうことになりそうなヨカンがする(笑)


■ソーサリアンオンライン クローズドβテスター募集
http://sorcerian.excite.co.jp/
公式サイトでは、5月22日〜28日の期間に第1次クローズドベータテスターの募集受付を実施。テスターの募集人数は3,000名だそうです。興味ある人はぜひやってみてください。元々のソーサリアンは当時、魔法合成や職業システム、死亡から復活するときの特殊効果、パーティを組んでチビキャラをちまちま動かして謎を解くのが面白くて相当ハマってた記憶があるけど、このオンライン版は3Dになって当時のソーサリアンの面影は全く無く、完全に別モノっぽいのでパクパクはスルーかなぁ。ま、オンラインゲームってよっぽど暇がないと大変だしねぇ。


■『ななついろ★ドロップス』発売記念! いとうのいぢさん&ぺろさんサイン会
http://www.dengekionline.com/
data/news/2006/05/16/bd2f93266855a738f2e2675ac1da72cf.html
大人気アニメ&小説の「ハルヒ」の原画担当している「いとうのいぢ」さんですが、この人ってユニゾンシフトっていうパソゲー会社の普通の社員さんだと知ってちょっとビックリ。(しかもかなり美人さんだとか。)今は売れっ子っぽい絵描きさんなので、てっきりフリーの人かと思っていたんですが会社勤めとはねぇ・・思わず「へぇ」ボタン連打してしまった。 こういう人って会社の業務と会社外の仕事をどのように両立しているのかがすっごい気になる。 ここまで売れていると外部からの仕事は全て会社を経由して回してもらっているんだろうけど(その方が面倒な経理とか自分でする必要もなくなるし。)、そうなると、会社内での扱いというか部署とかはどのような扱いになってるんだろなぁ? ぶっちゃけ、これだけ売れているとこの会社の社長より給料が多そうな気がしないでもないし。(意外と社長業って苦労の割には給料が見合ってないトコロが多いからなぁ。) ユニゾンシフトといえば「ななついろドロップス」買いましたんで、そのうちレビューするかと思います。


posted by pakupaku(パクパク) at 10:13| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。