2006年06月15日

パクパクと「ゲームニュースをチェック」

■DS版『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』が2006年発売決定!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/06/12/103,1150083112,54726,0,0.html
DSで「ドラクエモンスターズ」の最新作が出るとのことですが、パクパクはあんまりこのシリーズを面白いと思わないんだよねぇ。確かに丁寧に作ってあるし携帯ゲームならではの要素である「育てたモンスター同士の通信対戦」は盛り上がると思うんだけど、やっぱり本家のドラクエの豪華な素材を使っただけの手軽な派生作品としか感じなかった。
そういや「ドラクエ」で思い出したけど、ドラクエ関連って何でもかんでもキャラクターデザインは鳥山明と銘打ってるけど、実際は本家の主要キャラ原画数枚とパッケージイラスト程度しか携わってないという話。 数多くいるモンスターのほとんどは普通のデザイナーさんらが鳥山さんのタッチに似せて描いているだけだとか。パクパクはてっきり全ての元絵を鳥山さん自らが手掛けていると思っていただけにガッカリした記憶がある。(ちなみに開発スタッフから直接聞きました。)



■各社の人気キャラが共演。「カオスウォーズ」
http://www.ideaf.co.jp/chaos/home.html
「アトラス」「アルゼ」「レッド エンタテインメント」「アイデア ファクトリー」の4社のキャラが共演するゲームらしいけど、どれもこれも微妙な会社ばかりを揃えたなぁ〜という印象。キャラクターをたくさん揃えても、それらのキャラクターをユーザーが知って愛着を持っていないと意味が無い訳で、パクパクがざっと見た限りでは、出演キャラクターの魅力が極めて薄い気がしてならない。
そもそもアイデアファクトリーが作っているってことが既に嫌なヨカンがするんだけど・・・。そんなパクパクの冷めた下馬評を覆すような面白いゲームになってくれることを期待してます。 「ドリームミックスTV ワールドファイターズ」のような大コケっぷりはさすがに無いと思うけど。
game_kaos_war.jpg



■ PS2 Fate/stay night [Realta Nua]
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/06/14/104,1150275550,54890,0,0.html
「月姫」やら「Fate」、「TYPE-MOON」なんて単語はチラホラ耳に入って来てはいたものの、ほとんど興味がなくスルーしていたパクパクですが、最近パソゲーをやるようになってから、ユーザーからの高い支持と評判を聞いてかなり興味を持ち始めていました。 そんな作品がいよいよPS2に登場ということで、今からかなり期待しちゃってます。 どうやら、PS2版では、ボイスが入ってるらしく原作を知らないパクパクにとっては、多少内容を変更された移植でも、ボイス付きのPS2版の方がありがたい訳で、いつ頃発売かは知りませんが「こりゃスゲー」と言わせるような丁寧な移植っぷりに期待しています。



■ポケットドリームコンソール
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FO5ZKG/ref=pd_rvi_gw_1/250-8080106-1683406?%5Fencoding=UTF8
こんな商品が8月に出るとはチェックし忘れてました。
ま、30ものゲームが遊べてこの値段だとかなり安い気もしますが、頑張ってCM打っても売れないだろうなぁ・・・。そもそも、どういった客層にアピールしたくて企画された商品なんだろうか? これ。 大人のゲームユーザー? それとも小さい子供?



■『ファントム・ブレイブ 2周目はじめました。(仮題)』 新要素盛りだくさん!
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/06/04/104,1149402315,54334,0,0.html
「ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。 」に続く、2周目リメイクの第2弾。 ただの廉価版を出すんじゃなくて、こういった手をかけたリメイクはメーカーに対してすごい好感を持ちます。 「あぁ、この会社は作品を大事にしているなぁ」と。 そもそも廉価版って、メーカーが過去の資産を使って小遣い稼ぎをするために出すのであって、なるべく手をかけたく無いのがホンネだと思うんですが(その些細な労力でさえ、新作に回すのがフツー)、あえてこうして多少なりとも手を加えて値段を押さえた商品を出そうとするメーカーというか、開発陣には拍手を送りたい。 パクパクはもちろん発売日に買わせてもらいます。



■『-どこでもいっしょ-レッツ学校!』の発売記念イベントが開催されるのニャ!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/06/14/103,1150269448,54874,0,0.html
うわっ、記事の内容よりも王冠をかぶったトロのカワイさにメロメロ・・・。
fami_toro.jpg



■あつまれ!ピニャータ
http://www.xbox.com/ja-JP/games/v/vivapinata/
X−BOX版の「どうぶつの森」っぽいというか、とにかく独特の雰囲気とぬいぐるみのようなキャラクターだらけの変わった画面がインパクトあったんで取り上げてみました。 X−BOXじゃなくてもこの手のゲームは日本ではウケないとは思うけど、やってみたら結構面白い気がする。 GCの「動物番長」のように一風変わったゲームでも「任天堂」ってブランド名がつくだけで、それなりに売れるので、これも「任天堂」という名前で出せればきっと売れちゃうんだろうなぁ。(万が一にもありえませんが。)


posted by pakupaku(パクパク) at 06:12| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。