2006年07月05日

パクパクとアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱 最終回」と「平野綾のHEY! HEY! HEY!出演」

春の新番アニメで異様な盛り上がりをみせた「涼宮ハルヒの憂鬱」もついに最終回を迎えました。
自分のブログを改めて振り返ってみると、第1話を初めてみたときは何の反応も示していなかった(というよりもむしろ否定的)だったパクパクも第5話あたりから、その妙な世界観とストーリー&キャラクター達の面白さに気付き始め、回を重ねるごとにハマっていきました。

とにかく京アニさんの作画クオリティが毎回ハンパじゃなく、映像を見ているだけでも「スゲーなこれ」と心の声が思わず漏れてしまうぐらい妥協のない映像には正直ビビった。 個人的な感想を言わせてもらえば、今話題の「いとうのいぢ」さんがキャラデザしているだとか、原作が面白いとかよりは、京アニが制作を担当したからこそ、こんなにも話題になって注目されたんではないかと思ってますが、どうでしょう?

さて、前回の獣王星の最終回の記事と同様に、今回もパクパクが「ピコーン!」と反応した最終回の名シーンをピックアップ。 ま、最終回のほとんどが名シーンばかりなので、メインストーリーに関係あるところだけを。


■まずはオープニングのキョンの独白シーン

「自称、宇宙人に作られた人造人間。」
anim_haruhi1_01.jpg
anim_haruhi1_02.jpg

「自称、時をかける少女・・・。」
anim_haruhi1_03.jpg
anim_haruhi1_04.jpg

「自称、少年エスパー戦隊!?」
anim_haruhi1_05.jpg
anim_haruhi1_06.jpg

宇宙人、未来人、エスパー少年がハルヒの周りをウロウロするのは、小泉曰く、ハルヒがそう望んだからだという。では、オレは!?なんだってオレはこんなけったいなことに巻き込まれているんだ? オレは100%純正の謎の力など何も無い、普遍的な男子高校生だぞ。これは誰の書いたシナリオなんだ? お前か、ハルヒ? 
anim_haruhi1_07.jpg
・・・・・・・・なーんてね、知ったこっちゃねーや。



■そして、ハルヒの平凡な毎日に嫌気が差している表情と、そんな平凡が好きなキョンの独白シーン
anim_haruhi2_01.jpg
ハルヒ「・・・・ホントっ、退屈・・・。」
anim_haruhi2_02.jpg
結局、普通といえば普通の毎日だった。やりたいことも取り立てて見当たらず、何をしていいのかも知らず、時の流れるままのモラトリアムな生活、当たり前の世界、平凡な日常、あまりの何も無さに物足りなさを感じつつも、なーに時間ならまだまだあるさと自分に言い聞かせて漫然と明日を迎える繰り返し、それでもこれは非日常の香りがしてなかなか悪くなかった。
anim_haruhi2_03.jpg
クラスメイトに殺されそうになったり、灰色の無人世界で暴れる化け物にあったりと、そうそうありゃあしないだろうしなぁ。そうさオレはこんな時間がずーっと続けばいいと思っていたんだ。そう思うだろ?フツー。
だが思わなかったヤツがいた。 決まっている涼宮ハルヒだ。
anim_haruhi2_04.jpg



■目覚めてみたら、2人だけで異世界に!?
anim_haruhi3_01.jpg
anim_haruhi3_02.jpg
anim_haruhi3_04.jpg
キョン「怖いなら、いっそ腕にしがみついてくれよ。そっちの方が気分が出る。」
ハルヒ「・・・・バカっ。」
anim_haruhi3_00.jpg
ハルヒ「どこなの? ここ!?」
anim_haruhi3_05.jpg
ハルヒ「気味が悪い。」
anim_haruhi3_03.jpg
キョン「どうなっているんだ? ここにいるのはハルヒとオレだけなのか!?」
anim_haruhi3_06.jpg
古泉「その通り、我々の恐れていたことがついに始まってしまった訳です。とうとう涼宮さんは、現実世界に愛想を尽かして新しい世界を創造することに決めたようです。つまり世界崩壊の危機ですね。」
anim_haruhi3_07.jpg
キョン「・・・・あぁ、何だって!?」
anim_haruhi3_08.jpg
キョン「オレがここにいるのはどういう訳だ?」
古泉「ホントにお分かりでないんですか? あなたは涼宮さんに選ばれたんですよ。こちらの世界から唯一、涼宮さんが一緒にいたいと思ったのがアナタです。・・・・とっくに気付いていたと思いましたが。」
anim_haruhi3_09.jpg



■白雪姫のエピソード。
ハルヒ「どうしてだろ!? 今、ちょっと楽しいな。」
anim_haruhi4_01.jpg
anim_haruhi4_02.jpg
キョン「SOS団はどうするんだ? お前が作った団体だろ? ほったらかしかよ。」
anim_haruhi4_03.jpg
ハルヒ「いいのよ、もう。あたし自身が面白そうな体験をしているんだし。もう不思議なことを探す必要もないわ。」
キョン「オレは戻りたいっ!」
anim_haruhi4_04.jpg
ハルヒ「なによ。」
キョン「おれ、じつはポニーテール萌えなんだ。」
ハルヒ「なに?」
キョン「いつだったかのお前のポニーテールは反則的なまでに似合っていたぞ!」
ハルヒ「はぁ? バカじゃないの?」
anim_haruhi4_05.jpg
anim_haruhi4_06.jpg
anim_haruhi4_07.jpg



■元の世界に戻り、次の日の教室にて
キョン「ハルヒっ。」
anim_haruhi5_01.jpg
ハルヒ「・・・なに。」
anim_haruhi5_02.jpg
キョン「似合ってるぞ。」
ハルヒ「!・・・・・・・」
anim_haruhi5_03.jpg
anim_haruhi5_04.jpg
anim_haruhi5_05.jpg

う〜ん、放送話をシャッフルして最終話にもってきただけのことはあるなぁ〜と感心するほど秀逸な構成と〆方でした。 ハルヒという無意識に世界を変えるほどの力を持つ「神」のような存在と、それを取り巻き監視する宇宙人や未来人や超能力者のSOS団のメンバー。そして、その中で唯一平凡な「キョン」というハルヒの席の前に座っているクラスメイトの存在こそが、絶対的な力を持つハルヒの心を変える術を持っていた。 そして無意識に力を奮ってしまう眠れる姫に、想いを寄せる王子様からの突然のキスで目覚めてもらうという流れは、よく出来たストーリーだなぁ〜と感心。 
原作とアニメがここまで完璧に融合されて表現されると、もう見事としか言い様がないです。 いやぁ、ホント心から拍手を送りたくなる程、堪能させてもらいました。ありがとうございます。




さて、今週月曜にはハルヒ役の声優「平野綾」さんがHEY! HEY! HEY!に出演するというので前から気にかけていたんですが、同じ月曜にはキムタクの「HERO」が始まるということで気持ちがそっちに集中してしまい、「HEY! HEY! HEY!」を見るのも、録画するのもすっかり忘れてました(笑)
anim_hirano1.jpg

なので、他サイトで紹介されていたYouTubeにアップされていた動画を今更ながら見たんですが
http://www.youtube.com/watch?v=z1Vc7bjCojo

まぁ、短いながらも面白かったかなと。

紹介されてたサイトでは、痛い発言だとか、声がキモいとかいろいろ言われてましたけど、パクパクからしてみれば、この演出は総じてアリだと思いましたねぇ。
anim_hirano2.jpg
声とかは小倉優子なんかと同じでどうみてもTV用の鼻にかけた声で特徴を出していて、ファンに名前をつけるだとか「ハマティス少尉」「 マツモティーヌ大佐」なんて発言は、しっかりと独特な不思議ちゃんキャラを演じて存在をアピールできているし。(ダウンタウンの面白トークを引っ張り出す手腕もなかなかですけど。) 声優がフツーの歌番組に出演する場合の見本のような演じっぷりでした。

これで他の歌手のように素の声でフツーの会話しても盛り上がりに欠けるだろうし、このぐらい面白発言してくれないと番組ディレクターとしてもわざわざ声優さんを呼んだ意味がないと思うので、ある意味100点に近い出演じゃないかなと。(しかし、14歳で声優デビューって凄いなぁ・・・。今の声優業界ってそんな年齢から活躍できてしまうモノなんだろうか!?)
anim_hirano3.jpg anim_hirano4.jpg
あと、ちょこっと出てたライブ映像は迫力あってかなり良いんじゃないかなと思いましたが・・・・あまりにも短くカットされすぎて少々物足りなかったかなぁ。


posted by pakupaku(パクパク) at 11:28| Comment(0) | アニメ「こんなの見てます」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。