2006年07月09日

パクパクと「ゲーム売り上げランキング」をチェック

毎週金曜日更新のメディアクリエイトさんのページ「週間ソフト・セルスルーランキング」をチェック!
http://www.m-create.com/jpn/s_ranking.html

2006年6月26日〜7月2日  週間ソフト&ハードセルスルーランキング

月末ということで新作ソフトラッシュな週でした。下にアップしたタイトル以外にもベスト版が発売されたので計34作品も発売されてます。・・・・たった1週間で34本は正直言って、多すぎデス。


■ 1位 DS New スーパーマリオブラザーズ ACT 任天堂
ニュー・スーパーマリオブラザーズ
ニュー・スーパーマリオブラザーズ
1ヶ月間1位をキープして、先週は「VP2」にTOPの座を明け渡したものの、今週は見事にまた1位に返り咲き! これだけ新作が出ているのにも関わらず発売から1ヶ月以上経過したタイトルがぶっちぎりで1位になってしまうのっていうのも、どうなんだろうねぇ・・。


■ 2位 PS2 超 ドラゴンボールZ FTG バンダイナムコゲームス
超ドラゴンボールZ
超ドラゴンボールZ
元カプコンの「船水紀孝」さんの新会社「クラフト&マイスター」から発売されたアーケードゲームの移植作品。ショップ系のニュースサイトでは発売から3日後にはあまりの売れ行きの悪さに暴落した記事が飛び交ってましたけど、初週10万本近くも売れていれば充分立派な成績だとパクパクは思ってます。 ちなみに今までのシリーズより売れなかったのは、今作がストーリー追随型じゃなくて、対戦格闘ゲーム寄りだったのが原因だと思うんですが、どうでしょう?


■ 8位 PSP ぼくのなつやすみ ポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!
ぼくのなつやすみ ポータブル
ぼくのなつやすみ ポータブル
最近TVCMでもよく見かけるPSPの「ぼくのなつやすみ」。パクパクも以前このシリーズをやってみましたが、のっぺりした人形のような顔と、「ぼく」君っていう主人公の名前が、妙に違和感を覚えて1時間程度で投げ出してしまった経験アリ。 個人的には自由度が高いこのテのジャンルは好きなので、もうちょっとキャラクターに普通の個性を持たせてくれればハマれると思えるだけに残念。(プレイヤーを投影させやすく無個性を強調しているのは企画意図としてわかるんですけれども、こんな絵に描いたような顔は嫌だ(笑))


■10位 PS2 イリスのアトリエ グランファンタズム RPG ガスト
イリスのアトリエ グランファンタズム
イリスのアトリエ グランファンタズム
ガストといえば「アトリエシリーズ」がすぐ連想されますが、あまりにもこのシリーズに頼りすぎというか、一辺倒すぎて面白味がないなぁ・・・。 個人的にはものすごく優良なメーカーさんだと思うので「アルトネリコ」のように、どんどん新規タイトルを開拓してメーカーとしての幅を広げていって欲しいと思う。


■16位 XB360 クロムハウンズ(限定版含む) ACT セガ

■19位 PS2 パルフェ -Chocolat Second Style-(限定版含む) ADV アルケミスト
パルフェ -Chocolat Second Style- カトレアセット(限定版)
パルフェ -Chocolat Second Style- カトレアセット(限定版)
PC版が絶大な高評価を得ている作品だけあって、この週に発売されたギャルゲー4作品の中ではダントツで売れてますが、ちょっと前に発売された「キミキス」や「つよきす」なんかと比べると、地味な売れ行き。 ちなみに、こういうPCからの移植作品って元のPC版の売れ行きから「この作品をコンシューマに移植しよう!」って判断が下されるんだろうか? それとも内容を(シナリオが良いとか、絵師が有名)見て判断するんだろうか?  どういう基準で移植に踏み切るのか、その内情を一度聞いてみたいなぁ。


■24位 XB360 ゴーストリコン アドバンス ウォーファイター (トム・クランシーシリーズ) ACT ユービーアイソフト
■26位 PS2 FIFA ストリート2 SPT エレクトロニック・アーツ
■27位 PS2 SIMPLE 2000 シリーズ Vol.101 THE お姉チャンポン 〜THE 姉チャン2特別編〜 ACT D3パブリッシャー
■28位 PS2 Soul Link EXTENSION (ソウルリンク エクステンション)(限定版含む) ADV インターチャネル
■30位 PS2 FESTA!! -HYPER GIRLS PARTY-(限定版含む) ADV キッド


■37位 PSP ぐるみん RPG 日本ファルコム
ぐるみん
ぐるみん
日本ファルコムさんの自社製作での初のコンシューマ作品「ぐるみん」ですが、ちょっと売れ行きはパっとしなかったようで残念。今まではイースにしろ、英雄伝説シリーズにしろ、ライセンスを譲渡して他メーカーがコンシューマ機での移植開発をして販売を行っていたようだけど、今後は全て自社でやるようになるんだろうか?  だとしたら、コンシューマでのオリジナル作品とかも頑張って出して欲しいなぁ。 開発スタッフの質は高いだけにちょっと期待してしまう。


■40位 PS2 メタルスラッグ ACT SNKプレイモア
■41位 PS2 コール オブ デューティ 2 BIG RED ONE ACT コナミ
■42位 PS2 魂響(たまゆら)〜御霊送りの詩〜(限定版含む) ADV イエティ
■43位 PS2 セガエイジス2500シリーズ Vol.24 ラストブロンクス -東京番外地- FTG セガ



ちなみに、この週発売の新作タイトルでランク外だったのはこの11作品。今週はランク外も多いなぁ・・・。

■GC アルティメット スパイダーマン タイトー
■PS2 フル スペクトラム ウォリアー セガ
■PS2 CTSFテロ対策特殊部隊:ネメシスの襲来 タイタスジャパン
■PS2 SIMPLE2000シリーズVol.100 THE男たちの機銃砲座 D3パブリッシャー
■PSP ファインダーラブ 工藤 理紗 ファーストショットは君と。 カプコン
■PSP ファインダーラブ 原 史奈 ふたりのふたりで…。 カプコン
■PSP ファインダーラブ ほしのあき 南国トラブルランデブー カプコン
■360 スペクトラルフォース3〜イノセントレイジ〜 アイディアファクトリー
■DS タッチで漫才!メガミの笑壺DS アーティン
■DS ファインディング・ニモ タッチでニモ セガ
■DS 頭を鍛えて遊ぶ対戦矢印パズル パピぃぬベクター1(わん) メガサイバー
ファインダーラブ 工藤里紗 ファーストショットは君と。(限定版)
ファインダーラブ 工藤里紗 ファーストショットは君と。(限定版)
個人的に気になっていたのは、カプコンが急に路線変更して発売したPSPの「ファインダーラブ」シリーズと、アーティンの「タッチで漫才!メガミの笑壺DS」かなぁ。
ファインダーラブは、グラビアアイドルの中でも人気が高い人や写真集の売り上げの上位の人をピックアップしたのかもしれないけど、こういうのはゲーム化する意味がほとんど無いし、過去にもこの手のジャンルはすぐ廃れたので、発売する前からこの位置は予想できたハズなのに、何故発売に踏み切ったんだろうか?  まぁ、元々開発費はほとんどかけてないでしょうから、この位置でも微黒字なのかもしれませんけど。
タッチで漫才! メガミの笑壺DS
タッチで漫才! メガミの笑壺DS
タッチで漫才!メガミの笑壺DSのような「お笑い」を扱ったゲームは、ライトな層が多いDSならもうちょっと売れるとパクパクは予想していたんですが、この位置とは意外な結果。 タッチペンでツッコミを入れる企画自体も、見た目も悪くないので、売れなかったのは何が原因なんだろ!? 例えば、今人気のお笑い芸人をタイアップしたら売れ行きは違ったんだろうか?


posted by pakupaku(パクパク) at 11:22| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。