2006年08月11日

パクパクと「ゲームニュースをチェック」

■次世代機の可能性をシンプルなアクションに注ぎんだリアル卓球ゲーム!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/08/10/103,1155178462,58417,0,0.html
game_takkyu.jpg
卓球ゲームだというのに、見た目が妙にリアルで臨場感あって面白そう。記事を読むと「空気抵抗や卓表面の摩擦、カウンタースピンなどの物理システムが採用された超リアルな卓球ゲーム」と書いてあるので、内容の方もかなり本格的っぽい。モーションキャプチャーを用いてここまで選手の動きにこだわって作られた卓球ゲームは今まで無かったので、新しいスポーツゲームの一ジャンルとして定番化するぐらいの面白さを期待してしまう。 ただ残念なことにX-BOX360なんだよねぇ、これ。日本向けに「愛ちゃん」をモデリングして、本人出演のTVCMを流すぐらいに頑張ればX-BOX360といえども売れそうだけど、それは無理だろうしなぁ。



■カプコンがトレーディングカード事業参入へ! 第一弾は『戦国BASARA2』
http://www.famitsu.com/game/news/2006/08/10/103,1155195396,58471,0,0.html
いや、カプコンはさ、こういうゲーム以外のことをしない方がいいと思うんだけど、運営が下手だし、バンダイナムコのようにキャラクターものがある訳でもないし。 遊戯王が終わりを迎えたコナミも、カード事業はそれほど儲けてない気がするので、なんで今更カード事業に「戦国BASARA2」のような作品で参入するのかパクパクには理解不能。 セガのようにアーケードと連動して遊べるトレーディングカードならヒットする可能性はまだ残されていると思うけど。



■『ボクらの太陽DS(仮題)』 ジャンゴの新たな冒険が始まる!
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/07/22/104,1153538047,57379,0,0.html
game_bokutai.jpg
うーん、ソーラーパワーを無くしたら「ボクたい」の意味が無いような気が・・・・。確かにゲーム内で擬似太陽を用いて、時間により制御すれば遊ぶ側としては面倒がないし、メーカーとしても余計なコストがかからず、双方にとって良い気がするけど、それだと普通のアクションゲームなので小島監督がこのシリーズで目指していた「遊び」とは全く違ってしまうのでは?  まぁ、当初の基本コンセプトを崩しても「売れればいいんです!」っていう考えなら、この変更はアリだとは思うけどねぇ。 そもそも、ボクたいって作品は1発ネタだからこそ面白いのであって、シリーズ化するほどの作品ではないと思っていたんだけど。



■今度の『エヴァ』は推理アドベンチャーゲーム! 『名探偵エヴァンゲリオン』
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/08/03/104,1154582688,58068,0,0.html
10周年のお祭り企画だからなのか理由はよく知りませんが、随分とおもいきったコトをするなぁというのがパクパクの率直な感想。 会議ネタが盛り上がりすぎて、勢いだけで作っちゃおう!ってなったような見切り発車的な匂いもチラホラ。 ただ正直な話、ここまで原作を崩したゲームでも、ファンは支持して付いてきてくれるものなんだろうか? 年末発売ということでまだまだ先ですが、売り上げ本数の結果や、プレイしたユーザーの評価が非常に楽しみな作品。



■"ハンゲーム"で『ファミスタ オンライン』が配信決定
http://www.famitsu.com/pcent/news/2006/08/08/505,1155019033,58281,0,0.html
http://www.famitsu.com/pcent/news/2006/08/08/505,1155022343,58293,0,0.html
game_famisuta.jpg
パワプロの画面に慣れると、ファミスタ選手の妙なムッチリ感は気持ち悪いし、画面構成としても非常に味気ないねぇ。まぁ、スポーツゲームの場合は、見た目よりも対戦時のバランスが大事だと思うので、ユーザーが期待するのは見た目よりも中身だと思うけど。



■『剣豪ZERO』 最新情報盛りだくさん!
http://www.famitsu.com/game/coming/2006/07/29/104,1154111455,57777,0,0.html?ref=art_game
game_kengou_zero.jpg
いやぁ、記事の内容はどうでもいいんですが、パッケージにゴルゴ13の「さいとうたかお」を起用するセンスがスゲー。これがズラズラと店頭に並ぶ光景を想像すると何だかとても笑える(笑) でもX-BOX360タイトルだと、大手量販店でも入荷数を絞るのかなぁ。 PS2などで出た剣豪シリーズは初週で7〜8万本ぐらい売れてた気がするので、シリーズ最新作がハード選択をミスってガクッと落ち込むのは勿体ない気もする。 まぁ元気さんの場合、首都高バトルにしろ、剣豪にしろ、マイクロソフトから開発費ぐらいはまるまる出ていると思うので、メーカーとして損はしてないと思うけど。


posted by pakupaku(パクパク) at 04:40| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。