2006年08月21日

パクパクとゲーム「初めて泣いた日」

「久遠寺蒼」さんという方が制作されたフリーで提供されているサウンドノベル「初めて泣いた日」をプレイしてみました。

http://sou.but.jp/haji/index.htm

これも「ナルキッソス」と同様にフリーで提供されている作品ですので感想は書きますが、評価点数はあえてつけません。 プレイ時間はアナザーストーリーも合わせて2時間程度。キャラクター画像は一切無く、実写を加工した背景画像にテキストが表示され、静かなBGMに乗せてストーリーが展開されていきます。ノベルゲームですので、選択肢や分岐もありません。 作品の出来については個人個人で判断してもらうとして、個人的にはかなり重く読ませるシナリオだったなという印象。 短時間でプレイできますので、興味のある方はぜひダウンロードしてみることをお勧めします。

では、ここからはネタバレ含む率直な感想を。

game_hajimete.jpg

先入観が無い状態でタイトルを見たときに、初めて泣くっていうことは「死」が絡むのかなぁ・・・と予想してプレイしていたのですが、やはり「死生観」をテーマにしたシナリオでしたねぇ。ナルキッソスの感想のページでも書きましたけど、個人的には「身近の人間の死」を扱う作品は安易なお涙頂戴モノになってしまうので好きではないです。

こういう作品をプレイする環境にある年代の人は、何かしらの近しい人の死を見てきていると思うんですよ。祖父や祖母だったり、親戚の誰かであったり、友達であったりと。そうした中で、誰もが『死』について1度ぐらいは考えたことがあると思うんですが、やはりどんなカタチであれ、人生において自分と関わりがあった人が亡くなれば、残された側とすれば純粋に哀しい気持ちになる。

そういった人間が生きていく上で「死」とは切り離せないもので、身近にある深いテーマではあるんだけど、それが創造の作品として表現された場合には逆に薄っぺらく見えてしまうんですよねぇ。 脚本家やライターさんにとって「死」という絶対的な別れをテーマにしないと感動を表現することができないのか?と。 特にノベル系のゲームで感動作品っていうと、大抵「死」を絡める作品が殆どなので、ある程度の作品をこなしてしまうと麻痺してしまうし、正直、ヒロインらが死ぬと感動うんぬんではなく「またか・・・」と冷めた気持ちになる。 

という訳で、自分は「感動したがり」な面があるんだけど、ノベル系のゲームでの「死」で感動を表現しようとしている作品は好きではありません。

で、特にこの作品は本編が1時間程度の作品だし、ボイスもキャラビジュアルもないのでキャラの掘り下げが浅く、プレイヤーとしてのパクパクにはあまり響いてくるものがなかったなぁ。 確かに、重いシナリオで作者が伝えようとしているのはよくわかるんだけど、姉の眞美が飛び降りた自殺にも、妹の都がベッドの上で息を引き取ったときも、主人公「瑠汐」が感じた心の動きがあまり伝わってこなかった。(文章では物悲しい表現が続いてましたけど。) 特に2人とも死に対して購うような葛藤や抵抗、生への渇望があまり見えないので自殺にしても、病死にしてもストーリー上の「予定調和の死」に思えてしまうんですよねぇ。

ただ最後のシーンで、施錠していた鎖が都の死と共に解け、自分を錠に、2人を鎖に例えて、思い出の場所で自分自身と2人の姉妹との関係を表現した件は、読み物としての〆方としては上手いなと思った。 作者の「久遠寺蒼」さんのテキストの書き方は繊細で綺麗な文章を書く人だなぁと思うし、BGMを含めた作品の雰囲気は嫌いじゃないので、次の作品は「死」を絡めないテーマの作品をプレイしてみたいと感じました。


posted by pakupaku(パクパク) at 04:50| Comment(0) | ゲーム「詳細レビュー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

パクパクとアニメ「ゼロの使い魔」

夏からの新番アニメも6〜7話を過ぎて中盤の山場を迎えていますが、当初パクパクが一番期待していた「コヨーテ ラグタイムショー」が2話目以降、急激にツマラナさを加速して普通以下の作品に成り下がり、パクパクは4話目を見終わった時点で既にギブアップ宣言。・・・・ダメだこりゃ。 逆に話が増すにつれて面白さを加速しているのが今回取り上げる「ゼロの使い魔」。
最新の第7話「ルイズのアルバイト」ではツボを押さえた展開になかなか楽しませてもらいました。

●冒頭、アンリエッタ姫から呼び出しを受けて盗賊退治の賛辞を受ける2人。
anim_zerotu02.jpg
手を差し出す姫に「キスをするのよ」とルイズからのアドバイスを受け
anim_zerotu03.jpg
anim_zerotu04.jpg
anim_zerotu05.jpg
anim_zerotu06.jpg
それを勘違して、手ではなく口にキスをする才人。うむ。アニメらしいコテコテのお約束な展開(笑)
anim_zerotu07.jpg
anim_zerotu08.jpg
anim_zerotu09.jpg
anim_zerotu10.jpg



●お金を稼ぎ、悪徳貴族の横暴を調査するために「魅惑の妖精亭」でアルバイトを決意。
anim_zerotu11.jpg
ルイズの店内衣装はなかなかに魅力的。
anim_zerotu12.jpg
anim_zerotu13.jpg
anim_zerotu14.jpg
酔った客の態度に腹を立てて、顔に酒を浴びせかけ、机に足を突き立てて不満爆発のルイズ。むかつく客にはビンタもあり! ぶっちゃけこういうプレイも「ツンデレ喫茶」っぽくて悪くないかもしれない・・・(笑)
anim_zerotu15.jpg
anim_zerotu16.jpg



●狭く汚れた空き部屋を借りて寝る準備をする2人。
anim_zerotu17.jpg
anim_zerotu18.jpg
こんな場所では寝れないと不満を漏らすルイズに対して、順応が早い才人はさっさと寝てしまう。
anim_zerotu19.jpg
anim_zerotu20.jpg
部屋にいたコウモリに怯えて、床で寝ている才人の布団にそっと潜り込むルイズ。くはぁー。これまでのルイズの態度を考えるとグッとくるような展開! 才人が起きたときのリアクションも見たかった。
anim_zerotu21.jpg
anim_zerotu22.jpg
anim_zerotu23.jpg



●傲慢な貴族が酒場に乗り込みルイズが応対するが・・・。
anim_zerotu24.jpg
anim_zerotu25.jpg
貴族を足蹴にして怒らせて、貴族の護衛らに囲まれてしまうルイズに対し、才人が前に出てルイズを庇い一言。
anim_zerotu26.jpg
anim_zerotu27.jpg
才人「ルイズに触っていいのは、このオレだけだっ!」
anim_zerotu28.jpg
おぉ、なかなか主役級のカッコイイことをさらっと言えるようになってきた。
anim_zerotu29.jpg
anim_zerotu30.jpg



●チップレースの報奨である「魅惑のビスチェ」を身に纏い、才人に披露するルイズ。
anim_zerotu31.jpg
anim_zerotu32.jpg
anim_zerotu33.jpg
anim_zerotu34.jpg
可愛いルイズを見て才人が思わず「トレビアーン!」って、出た言葉はそれかっ(笑)
anim_zerotu35.jpg
原作のライトノベルは読んだことないけど、ルイズの微笑ましいツンデレっぷりと、使い魔として活躍しだした才人との2人の関係はとても面白く、原作の人気の高さが納得。 全13話ということでより一層近くなる2人の関係が後半どう展開されていくのか楽しみです。
posted by pakupaku(パクパク) at 03:54| Comment(0) | アニメ「こんなの見てます」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

パクパクと「ゲーム売り上げランキング」をチェック

毎週金曜日更新のメディアクリエイトさんのページ「週間ソフト・セルスルーランキング」をチェック!
http://www.m-create.com/jpn/s_ranking.html

2006年8月7日〜8月13日  週間ソフト&ハードセルスルーランキング

今週はベスト版を含めた新作が22本。とは言っても小粒揃いなので市場を賑わすような注目作の無い寂しい週でした。

■ 3位 PS2 メルティブラッド アクトカデンツァ FTG エコールソフトウェア
メルティブラッド アクトカデンツァ
メルティブラッド アクトカデンツァ
パクパクのブログ内予想では初週2〜3万本かと予想していたら、倍の6万5千本売れて消化率が92%とは驚き!しかも一部の地域では完売してプレミア価格までついてるありさま・・・。う〜ん、完全なる誤算。ショップ店員なら頭を抱えて受注ミスを悔やんでいそうな展開でした。 リメイクして移植された格ゲーでこの様子なら、年末に発売予定の「フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] 」はもっと凄いことになりそうだ。



■10位 DS きらりん☆レボリューション きらきらアイドルオーディション ETC コナミ
きらりん☆レボリューション きらきらアイドルオーディション
きらりん☆レボリューション きらきらアイドルオーディション
コナミお得意の「ミルモでポン!」「コロッケ!」「アニマル横町」などの手堅いお子様層を狙った超低開発費で作られている作品ですが、初週で3万越えとはなかなかに立派。ポケモンが9月に控えていることもあって、DSもかなりお子様層に浸透しつつあるのかも。 この層をターゲットにした作品は中身がゲームになってない「いわゆるクソゲー」でも全く問題なく売れるし、酷評もされないので下請け開発は気がラクだろうなぁ。 コナミ側もどんどん下請けに出して納期さえ守ってもらえればしっかり回収できるので、苦戦するオリジナルタイトルに比べるとおいしい商売。 



■19位 DS 実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE DS TBL セガ
実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE DS
実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE DS
■21位 PSP 実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE ポータブル TBL セガ
実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE ポータブル
実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE ポータブル
先週、発売されたPS2版と1週間時期をずらして携帯用を2機種同時に発売。 ほとんどのユーザーがPS2版を買ってしまったせいなのか、どちらも思ったより売れてないなぁという印象。 まぁ、このテの作品はハードに特化した凄い技術や機能を駆使してる訳ではないから、ハード間の移植はラクだろうし、そう考えるとこんな位置の売り上げ本数でもメーカー側とすれば全く問題ないのかもしれない。



■36位 PS2 SIMPLE 2000 シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃 ACT D3パブリッシャー
SIMPLE2000シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃
SIMPLE2000シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃
シンプルシリーズのバカゲー作品としてはしっかりポイントを押さえてある作品だなぁと発売前の紹介記事を読んで思ってました。 最近ではメイドが銃を持って暴れるアニメ作品もチラホラ見かけたりするし。ゲームの完成度は抜きにして同人作品のような「勢いだけ」のノリが好きな人には買わずにはいられない作品だなと思う。 ただこのPS2シンプルシリーズも既に100作品を越えているのには改めて驚く。マンネリ化した大作ゲームばかりの市場にとって、こういった安価なバカゲーも市場を活性化するうえでは大事だなぁと思うが、あまりに出しすぎても業界のバランスを悪くしかねないので微妙なところ。



ちなみに、この週発売の新作タイトルでランク外だったのはこの17作品。

■PS2 アンジェリークエトワール(KOEI The BEST) コーエー
■PS2 凱歌の号砲・エアランドフォース(コーエー定番シリーズ) コーエー
■PS2 三國戦記2(コーエー定番シリーズ) コーエー
■PS2 ネオロマンスBOX〜アンジェリークセレクション〜 コーエー
■PS2 ネオロマンスBOX〜トリプルセレクション〜 コーエー
■PS2 信長の野望・天下創世 with パワーアップキット(KOEI The BEST) コーエー
■PS2 亡国のイージス 2035〜ウォーシップガンナー〜(KOEI The BEST) コーエー
■PS2 SIMPLE2000シリーズVol.104 THEロボットつくろうぜっ! 〜激闘!ロボットファイト〜 ディースリー・パブリッシャー
■PS2 スクールランブル ねる娘は育つ。(BestCollection) マーベラスインタラクティブ
■PSP ネオロマンスBOX〜ポータブルセレクション〜 コーエー
■PSP Twelve〜戦国封神伝〜(コナミザベスト) KONAMI
■PSP ナンプレ&お絵かきパズル サクセス
■PSP 山佐Digiポータブル「祭の達人〜ウィンちゃんの夏祭り〜」ヤマサエンタテインメント
■DS 脳内覚醒 ハニカムビート ハドソン
■DS パズルシリーズVol.4 カックロ ハドソン
■DS 英単語ターゲット 1900 DS IEインスティテュート
■DS 中学英単語ターゲット 1800 DS IEインスティテュート
英単語ターゲット1900DS
英単語ターゲット1900DS
最近は任天堂の「英語漬け」を授業に取り入れて英語の勉強に親しむということが行われているらしく、講義を受けていた学生さんらはタッチペンを使って楽しそうに勉強をしていた。 そういうことを考えると初週はランク外という結果に終わったDSの「英単語ターゲット 1900」「中学英単語ターゲット 1800」とかも任天堂ブランドではないが、長期的に見れば案外売れ続けるのかもしれないなぁと思う。しかしDSっていろんな方面の可能性を秘めてる恐るべきハードだなぁ。
posted by pakupaku(パクパク) at 04:18| Comment(0) | ゲーム関連の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

パクパクとアニメ「ひぐらしのなく頃に」

夏のコミケでは最終作の「目明し〜祭囃し編」が発売されて同人作品としては堂々のフィナーレを飾った「ひぐらし」ですが、アニメの方も「目明し編」になってから、なかなか面白くなってきました(作画は相変わらずヘボいですが(笑))。
特に今週の「目明し編 其の伍 冷たい手」は尋常じゃない展開にパクパクもちょっと興奮気味。
anim_higume01.jpg
●冒頭、前回スタンガンで気絶させた「公由のじいちゃん」の首に鎖をつけて天井から吊し、尋問。
anim_higume02.jpg
anim_higume03.jpg


●その後、牢屋に幽閉している魅音のところへ行っての2人の会話
anim_higume08.jpg
詩音「魅音は悟史クンが殺されるところに居合わせなかったんだよね?」
anim_higume09.jpg
魅音「うん、もし居合わせてたら絶対に止めてたよ。せめて命だけは・・って絶対に言うよ。」
詩音「嘘だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!」
anim_higume10.jpg
詩音「助けろっ! 何故助けないのっ! 出来たのにっ! アンタには出来たのにっ!」
詩音「何でぇ! 何でぇぇぇぇぇぇぇ!!」
叫び声を上げながら、足で牢を何度も蹴りあげる詩音の狂いっぷりは凄まじい迫力・・・。
anim_higume11.jpg


●次に学校で魅音になりすまして登校し、梨花ちゃんを校舎裏に呼び出す。
anim_higume04.jpg
一方的に詰問する魅音と、幼いながらも巫女としての見解を述べる梨花ちゃんとの対比が印象的。
anim_higume05.jpg
胸倉を掴んで問い詰め、その後何度もビンタを繰り返して放り投げる。
涙を浮かべて「何もわからない」と懇願する梨花ちゃんがかわいそう・・・・。
anim_higume06.jpg
そして最後に呟いた独り言。
詩音「これで前原圭一に何かあったら、コイツも鬼ババと同罪。 その時は無惨な目に合わせてから殺してやる!」
ひぃーーーー、殺す気満々だ・・・。
anim_higume07.jpg


●夜中にお醤油を借りにきた、梨花ちゃんを納屋に案内。
ニパァーと笑う、梨花ちゃんがとても可愛いがこの後、あれほど凄い死闘を繰り広げることになるとは全く想像できず・・・。
anim_higume12.jpg
スプレーを詩音の顔に吹きかけ、苦しむ詩音の頭を鷲掴み・・・って、アレレ? どういうこと??
anim_higume13.jpg
そして馬乗りになり、用意した毒入り? の注射針で詩音を狙う。もう既に顔がいつもの梨花ちゃんじゃないし・・・。
anim_higume14.jpg
ところが詩音のスタンガン攻撃で、体勢が逆に。そして倒れる梨花ちゃんに容赦ない足蹴り。あわわわ・・・
anim_higume15.jpg
そしてぐったりしてる梨花ちゃんに、持ってた注射器を打ち込む。ひぃぃぃぃ・・・
anim_higume16.jpg
詩音「はっ、ザマはないね。何の薬かアンタの身体で試してやろうじゃないか!」
梨花「うぐっ、あぐっ、うぅ・・・・うぅ・・」

薬を打たれてフラフラの足取りのまま、包丁を手にして立ち上がる梨花ちゃん。声がドスの聞いた声へと変わる。
梨花「そうね・・アンタの言うとおり、これがあたしの限界。でもお前なんかに拷問で殺されるくらいなら、悪いけどお先に退場させてもらうわ・・」
詩音「はっ!? 退場? できるならしてごらんよっ!」
壁に付き立てた包丁に、自らの「こめかみ」を何度も突き刺していく梨花ちゃん。飛び散る血に・・・・もう何が何やら・・・。
anim_higume17.jpg
anim_higume18.jpg
anim_higume19.jpg
anim_higume20.jpg
そして崩れ落ちる梨花ちゃんを見て、高笑いする詩音。
詩音「あははははははは・・・うふ、うふふ、勝った! 勝ったぞ! 悟史クンを殺したヤツラに勝ったんだぁぁぁっ! 」
anim_higume21.jpg
あまりにも予想外な展開に視聴後はただただ放心状態。アニメとは思えない狂気の世界を垣間見たようで「ひぐらしのなく頃に」の凄さを実感してしまう回でした。
posted by pakupaku(パクパク) at 08:38| Comment(0) | アニメ「こんなの見てます」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

パクパクとゲーム「簡易評価集 第7弾」

これは最近パクパクがプレイしたゲームの簡易評価をリストにまとめたモノです。
今回紹介する5本は、どれもがかなりの良作。古いモノから新しい作品まで幅広く遊んでみました。


■「プリンス オブ ペルシャ 〜時間の砂〜」■
プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂~
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
機種  :PS2
発売日 :2004/09/02
定価  :6800円(税抜き)
ジャンル:アクション
開発  :ユービーアイ ソフト
総合評価点数:96点
コメント:
洋ゲーだと敬遠せずに、未プレイの方は今すぐにやるべきアクションゲームの名作です。
ゲーム本来の面白さがここにあるっ!

→詳しくは、ブログ内の別ページにて詳細レビューを載せてますので参考に。
パクパクとゲーム「プリンス オブ ペルシャ 〜時間の砂〜」



■「テトリスDS」■
テトリスDS
メーカー:任天堂
機種  :DS
発売日 :2006/04/27
定価  :3800円(税込み)
ジャンル:パズル
開発  :任天堂
総合評価点数:75点
コメント:
ゲームの内容については語るまでもない落ちゲーの元祖。DSの移植にあたってのアレンジは素晴らしく任天堂ブランドに恥じない出来に仕上がっています。テトリスのようなパズルゲームは、携帯ゲームとの相性も抜群なので、DS1台につきテトリスは必須と言っても過言ではない。



■「キングスフィールド IV」■
KING'S FIELD IV
メーカー:フロム・ソフトウェア
機種  :PS2
発売日 :2001/10/04
定価  :6800円(税抜き)
ジャンル:リアルアクションRPG
開発  :フロムソフトウェア
総合評価点数:70点
コメント:
マニアックなコアユーザーのためのシビアなリアル視点アクションRPG。このシリーズとアーマードコアがフロムソフトの礎を作ったと言っても過言ではない。PS2初期の作品ですが、このゲームでしか味わえない面白さがあるので未プレイの方は挑戦してみるのもいいかも。

→詳しくは、ブログ内の別ページにて詳細レビューを載せてますので参考に。
パクパクとゲーム「キングスフィールドIV」



■「姫さま凛々しく!」■
姫さま凛々しく!
メーカー:Q-X【きゅーくす】
機種  :PC(Windows)
発売日 :2006/06/23
定価  :8800円(税抜き)
ジャンル:姫様アドベンチャー
開発  :Q-X(キュークス)
総合評価点数:83点
コメント:
リアル+ファンタジーの世界で繰り広げられる可愛い姫様との恋愛模様を描いたアドベンチャー。亜方逸樹さんの描く激可愛いキャラクターにまったり癒されたい方にお勧め。また全てのルートで各ヒロインと結婚できる超ハッピーエンドな展開も魅力のひとつ。

→詳しくは、ブログ内の別ページにて詳細レビューを載せてますので参考に。
パクパクとゲーム「姫さま凛々しく!」(前編)
パクパクとゲーム「姫さま凛々しく!」(中編−ネタバレ満載)
パクパクとゲーム「姫さま凛々しく!」(後編−ネタバレ満載)



■「OZ オズ」■
OZ -オズ-(コナミザベスト)
メーカー:コナミ
機種  :PS2
発売日 :2005/06/30
定価  :6800円(税抜き)
ジャンル:アクション
開発  :コナミ
総合評価点数:72点
コメント:
3キャラで連携するアクションシステムは確かに斬新で面白い(アイデアよりも、プログラマの頑張りを称えたい。)だが、ここに重点を置きすぎて全体のゲームバランスが非常に悪いようにパクパクは感じた。 またキャラクターのタッチやモデリングは独特で、女性向けを意識したようなデザインには少し抵抗感がある。ただ全く新しい作品として生み出された一作目で、この完成度は驚異的。コナミの底力を感じられる意欲作。アクションゲーム好きなら、ベスト版も発売されているのでぜひやってみるべき作品。
posted by pakupaku(パクパク) at 04:33| Comment(0) | ゲーム「簡易評価集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。